資産運用 銘柄分析

[CCL]第2四半期決算を受けて 回復にはまだ長いか

投稿日:



カーニバル・コーポレーションです
ティッカーシンボルは$CCL です

6/24朝に第2四半期(2~5月分)決算を発表していました
同社はクルーズ船を持ち世界中を回るクルーズを提供する会社です

決算結果は予測を下回る

EPS: -$1.84 VS 予測 -$1.61 ❌
売上高 $158M VS 予測 $193.4M ❌

売上がなかなか上がりませんね

また今年度も通年で赤字の見通しが出ています


良いニュースとしましては
 クルーズ予約数は第1四半期と比べて +45%
 2022年通年の累積先行予約数は過去最大
 11/30までに8ブランド(クルーズの種類)の運行再開
2022年春には全線運行再開予定

今が最悪だけど頑張ろう、というのが伝わってくるような決算内容でした


思ったより株価が伸びない=クルーズが再開できない 理由としましては
米国以外でのコロナウイルスワクチン摂取がすすまないこと
デルタ株などの猛威によりワクチン摂取済み国家でも一部の人がコロナウイルスにかかり始めていること

などが考えられます

特に6月後半に入って景気敏感株、外出系銘柄に陰りが見えてきています
要するに、そう簡単には世界は戻らないのでは、、と人々が考え直しているのではないかなと思います

実際イスラエルで仕事している友人も
またマスク生活になりかなり気が滅入っているようでした


それでも、我々はワクチンを打って一人でもコロナウイルスによる感染者数を減らしていかねばならないのですが

株価は低迷

株価は本決算を受けて下落しました

2月に買い出勤の記事を書いていたのですが、そこに近い株価まで戻っちゃいましたね

最高値から12%ほどの下落です
まだまだ結構辛い戦いが続くのではと予測されます

次の底が$25,$24のあたりに存在しますので
下がるとしてもここのあたりで踏みとどまってくれるとありがたいですね


教科書的に買いに走るなら上昇トレンドに変わってから、ですね

10%ほど下がっているのでここのあたりでトレンド転換しても良さそうのですが
ここのあたりは毎日チェックしておきたいと思います

まだ潰れない企業

カーニバルクルーズのこれまでの財務状態と債務などから悲観的に見積もっても

ここから一切クルーズができなくなったとしても、今年中に潰れる事はなさそうです
なので投資の上で考える必要がある、倒産のリスクはまだ少ない企業です


コロナウイルス変異株にはRNAワクチンの方が効くとの話もあるので
よりワクチンを摂取していく人が増えていき
コロナウイルスによる死亡者がこれからも減っていけば、CCLにはプラスでしょう
(大事なのは死亡者の数です。ワクチン摂取していてもかかるひとはかかるので)

なので以下のグラフを毎日眺めながら
この企業の株を買うか考えなくてはいけません

確実に買うなら、今の変異株ニュースに対し
感染者が減少していく、といったようなニュースが出て
悪い状態が底をうった!と思えるタイミングですね

世界中でワクチンは毎日うちまくっているので
1日1日、良い方向に世界が進んでいると信じ

世論も安心となった時に上昇トレンドに乗って買っていくのが良いかなと思う企業です

test

test

-資産運用, 銘柄分析

Copyright© サラリーマン米国株投資記録 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.