資産運用 銘柄分析

[WORK]Slack 第1四半期決算結果良いが買わない

更新日:



Slack Technologies (ティッカーシンボルは$WORK)が第1四半期決算結果を発表していましたね

結果は問題なしでしたが、今からは入れないといった感じですね

EPS:8¢ VS 予想 -2¢ ⭕️
売上高:$273M VS 予想$263M ⭕️
売上高YoY +35.6%

まだYoYが30%以上あるのは流石ですね

また、新ガイダンスはありませんでした

株価は特に反応なし

ほんの少し株価は上昇しましたが大きくは上がっていません

Salesforceによる買収手続きは2021年5~7月に完了予定とのことです
買収後はSlackはSalesforce Customer 360に組み込まれる予定ですね


ちなみにSlackの株主だった場合、買収後は$26.79と Salesforce 0.0776株を受け取ります
なので今Slackの株を持っていると将来的にはSalesforce株になるわけですね
SalesforceによるSlack買収はあまり良く見られていないため
今から新規にSlackに入る人はなかなかいないのかと思われます

今から買うとするとSlack $44.48, Salesforce $240.31のため
一株当たり 240.31*0.0776+26.79 = $18.648 + 26.79 = $45.438 となります
若干得にはなりますが、これが買収完了後も続くとは思えません
本買収でCRMの株価を得た人は即売り出す可能性も大きくあります

決算は良かったが買わない

先述した理由の通り新規には買えないですね
Salesforceも決算は良いですが、今後Slackとどれくらいシナジーが生まれるかは未知数です

この買収は金額が高すぎるため、上手くいくかどうかに丁半博打するのは
あまりにもギャンブル性が高いと考えています


SlackとSalesforceのシナジーがうまくいった場合はCRMも株価は上昇すると思いますが
それでも今からCRMの株価が2倍、3倍になる可能性は高くないかなと

CRMの株価は以下です
今でもまだ高すぎる水準ですね



他にもいろいろ良い銘柄はありますので
Salesforceにこだわる必要はないかなと考えています

test

test

-資産運用, 銘柄分析

Copyright© サラリーマン米国株投資記録 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.