DRVN 資産運用 銘柄分析

[DRVN] ドリブン・ブランズ 2021年度第3四半期決算結果 成長は一転減速

投稿日:

ドリブン・ブランズ。ティッカーシンボルは$DRVNです
車の整備工場のブランド化・フランチャイズを営んでいます
2021/10/27に決算を発表しており、数字は悪くなかったです
一方で成長率の鈍化は少し気になる材料でした

前回の決算結果はこちらです

決算結果は良し

正式なプレスリリースはこちらから
みんな大好きかっこいい一枚絵はこちらから参考できます

2021Q3結果予想評価
EPS26¢22¢⭕️
売上高$371.1M$355.66M⭕️

売上高前年同期比: +39%
数字は悪くないですね


2021年通期ガイダンスはEPSだけ引き上がりました
EPS: 84¢ VS 予想 82¢
売上高: $1.4B VS $1.3B

サプライチェーンやインフレ問題がありうかつに引き上げられないということで
数字は保守的に出しているとのことです

新規店舗は53件増えました。前期は+70こえていたので減速です
コロナも終わり、新規店舗もどんどん増やしていくと思いきや、そうでもないですね

セグメント別売上は衝突でマイナス

メンテナンス・洗車が大きく成長です
プラットフォームサービスは横ばいです

まーた塗装衝突はダメでした
人が街に出ているとは思いますが
それでもなぜマイナス成長になるのかはよくわかりません

デルタ株の影響が一時的に出たとカンファレンスでは語っていました

既存店のみに絞ると以下のような数字になります
前期と比べますと伸び幅が小さいですね

なお、大事な点として今後は洗車にとにかく力を入れていくことを明言していました

株価は猛烈な売りの後上昇

株価はプレでマイナス-15%とか出していましたが
その後猛チャージをかけプラ転しています

長い目で見ますと上昇機運のように見えなくもないです

チャート的に買うなら最高値更新してからですが
今後どのような動きをするかは注目ですね

投資家の信用を徐々に取り戻したか

DRVNという企業は去年IPOしたばっかりの企業ですが
上場後最初の決算を失敗して総スカンを喰らった企業として有名です

その後良い決算を今回含めて三回出してきました

株価もようやく上場後の値を超えて新値に挑戦できるかというところです
そういった意味では今後も期待ができる企業です

既存店売り上げも順調に伸びていること
2022年の見通しは良好と述べていること
データを利用したマーケティングに力を入れていること

から、近い未来としては暗くないと思います

直近でも、中古車価格の上昇から
消費者は車を買わず今ある車をメンテして使う方針が多いといっていました
これもプラスかもしれません

フランチャイズ経営は、手法としては効率が良く
一度店舗の数を増やしてしまえば後はお金の回収が容易いのも好感できます
($MAR, マリオットと同じく持たない経営ですね)

なので、ここ数年では良い決算が出続けて株価が上昇していくストーリーもあると考えています


ただし個人的に買うかというと買わない立場を貫いています
ガソリン車を取り扱う企業なので
どうしても今後立場が弱くなるのは目に見えるからです
オイル交換も電気自動車は必要ないです



買うならテスラとか、電気自動車をした支えする企業とか
どうしても風はそちらに吹いているので
そういった企業に資本を投下したいですね

化石燃料関連の企業はエクソンモービルで十分かと思っています




created by Rinker
¥1,650 (2021/12/03 07:30:39時点 楽天市場調べ-詳細)

test

test

-DRVN, 資産運用, 銘柄分析

Copyright© サラリーマン米国株投資記録 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.