DRVN 資産運用 銘柄分析

[DRVN] ドリブン・ブランズ2021年度第2四半期決算結果 成長は加速

投稿日:2021-08-04
更新日:

ドリブン・ブランズ。ティッカーシンボルは$DRVNです
車の整備工場のブランド化・フランチャイズを営んでいます
2021/7/28に決算を発表しており、とてもよい数字でした

決算結果は良し

正式なプレスリリースはこちらから
とてもかっこいい一枚絵はこちらから参考できます
この絵好きなんですよね。よくわからないメーターもありますが

EPS: 25¢ VS 予想16¢ 
売上高: $375M VS $323M
売上高YoY: +123%


2021年通期ガイダンス
EPS: 83¢ VS 予想 66¢
売上高: $1.4B VS $1.31B

新規店舗は70件増えました。前期は10代だったので大幅増加です
フランチャイズは店舗増えれば増えるほど儲かるので良い傾向です
非常に良いですね。一安心です

セグメント別売上も全て良し

メンテナンス・洗車・塗装・プラットフォームサービス全てで高い成長を遂げました
一番伸びが怪しいのが洗車です。夏はあまり洗車しないのですかね

前回気になっていた塗装衝突のパフォーマンスは無事増加しました
この部分は4,5,6月の季節性(春から夏にかけて人々が多く街に出る)もありそうです
なので前期比を見るのもあまり意味がないのかもしれませんが
来期も増加するとよいですね

プラットフォームサービスも売り上げが大きく伸びています

総じて、良い伸びです
来期も力強く伸びると良いかなと考えます


既存店のみに絞ると以下のような数字になります

このグラフ、黄色の箇所の存在意義などわかりませんが
まあ、数字はよかったです

株価は上昇後下落

株価は決算の直後上がりましたが、その後下落しています

そして8/2に公募のニュースがありました
株価が上昇したので良いタイミングだと考えたのですかね

増資ではなく売出となっている模様です
ずっと株を持っていた企業が、今回の好決算で売ったということです
これにより8/2のアフターで大きく下げています

株価は決算前の上がる前に戻った、というような感じかなと

今後の適応を見極める

$DRVNはこのままだと2030年当たりに消える企業です

これはガソリン車の規制が大きくなり
電気自動車が走る未来がそう遠くないかららですね


ガソリン車と電気自動車は見かけは見ていても中身は大きく異なります
$DRVNが持っているブランドでも例えば
オイル交換を営むTake5は電気自動車には全く必要ありません


今後はこのような電気自動車にも対応したノウハウが生まれるのでしょうか
その場合は今後も米国で数少ない車整備のフランチャイズなので生き残れる可能性はありそうです

そうでない場合は、残念ながら近いうちに廃れていくでしょう


どちらにせよ、今のうちにブランドを浸透させ
車整備といえばDRVNだといったような知名度になり
大きく稼いでほしいなと思っています

そのためにも、ここ1,2年の決算での新規店舗の増加数は大きくチェックです
このペースで行けばどこかで一回は上場での$34を超える機会はあってもおかしくないかなと考えています

それを見越して、今のうちに買っておくのか
それともより長い将来を見越してこの銘柄は見逃しておくのか
人によって好みが分かれそうな銘柄ですね


個人的には、このような銘柄に積極的に投資はしません
もっと未来のある銘柄にじっくりと投資をしたいなと考えています

test

test

-DRVN, 資産運用, 銘柄分析

Copyright© サラリーマン米国株投資記録 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.