PEP 資産運用 銘柄分析

[PEP] ペプシコ 2021年度第3四半期決算結果が怪しい

投稿日:

ペプシコが決算結果を発表しており、ぱっと見良い結果でした
前回の記事でも述べたとおり
この発表でサプライチェーンの乱れでガイダンス引き下げ、、などなったら
しばらく大荒れを覚悟していました

結果としては今回は良しですが
インフレの足音が聞こえてきていると思います


ペプシコ、同社のティッカーシンボルは$PEP です
生活必需品セクターに位置します

ペプシがダントツで有名ですが

トロピカーナ

マウンテンデュー

またレイズやドリトスといったチップスのブランドを持っています

結果はほぼ良し

結果はこちらからも確認できます

2021Q3結果予想評価
EPS$1.79$1.73⭕️
売上高$20.2B$19.4B⭕️

売上高前年同期比+11.6%

外出が増え需要が好調だったとのことです
飲食店やスポーツ競技場でペプシコのコーラなどが多く売れた模様です

北米、南米、欧州などで大きくプラスとなりました
売上が大きくなった一方で利益があまり出ていない箇所が気になります

一方でガイダンスは未達でした
EPS: $6.20 VS 予想 $6.24 ❌

6.2という数字は前回の決算と全く同じのため
引き上げを全く行なってないことになります
利益が上がらない可能性ですね

株価は特に反応せず


株価は一回下がった後
市場の上げに伴って上げましたが
特に大きな反応なしです

気になる発言

サプライチェーンの乱れ、原価高に対するアクションとして
来年初めのドリンク・スナックの値上げを示唆していました

インフレの足音と、消費者への波が確実にきています

今回の決算では
物価高に勝った!と述べていましたが
要するに消費者への転嫁により、次からもインフレをやりくりしようという魂胆です


インフレは一過性・特定のセクションだけだと
パウエル議長は述べていましたが
どうも違うような雰囲気ですね

引き続き決算は見逃さずに

第3四半期決算が少しずつ動いてきています
一個一個見て行き、インフレに対しての懸念や対処など
会社が動けているかはよく見る必要があります

本日10/6(水)はリーバイ・ストラウス($LEVI)が決算です
ジーンズの最大手ですね
いうまでもなく、サプライチェーンと密接な関係があります
ペプシコと比べても商品の加工の過程が複雑なため
より流通の状態には敏感かと思われます

彼らが、今後の見通しに対して何をいうのか
コンテナ船は使えるのか
クリスマスシーズンは計画通りに物を売ることができるのか

引き続き他の企業の決算とカンファレンスコールに注目です



なお、ここ一ヶ月くらい株の売買はほとんどしていません
最低でも10/18、あるいは11/4以降に動き出そうかなと考えています

それほど、今の状況は簡単ではないと思っています


含み損では全くないので、安心して投資ができているなという感想です
コロナショックを得て、リスク管理やお金との向き合い方で少し成長できたかなと思っています

test

test

-PEP, 資産運用, 銘柄分析

Copyright© サラリーマン米国株投資記録 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.