CRWD 資産運用 銘柄分析

[CRWD]クラウドストライク2023年度第2四半期決算 良いが買えない

投稿日:2022-09-02
更新日:

クラウドストライク、CrowdStrikeが2023年度第2四半期決算を発表していました

同社はセキュリティのイノベーターとして
PCやスマホ、サーバーなどのエンドポイントに対するサイバー攻撃から守る
サービスをサブスクリプションで提供しています

また、遅めに決算を出す銘柄ですね
CRWDの決算が終わると決算シーズンもひと段落かなと思います

また来月中旬くらいから航空や金融銘柄の決算が始まりますが
それまでの間はせいぜいNIKE, CCLくらいしか見どころがないかなと考えています

本銘柄は新型コロナウイルス禍で大きく伸ばした銘柄です
このような銘柄は例えば他には$ZM, $U などあるのですが
利上げが始まってからグロース銘柄の宿命として大きく株価は下がっています
またそのような銘柄は往々にして決算も失敗することが出てきて
結構風当たりが強いのが最近です

その中$CRWD は見事なスーパー決算を続けています。素晴らしいですね
今回もまたその通り立派な決算でした。ただ株価は下落しています

ただ時勢が時勢なので買い時はまだ当分来ないですね
立派な会社なので今後どうなっていくかしっかり見守りたいと思います


なお前回のスーパー決算はこちらです

数字は良し

プレゼン資料はこちらから参照できます
一部抜粋しています

結果は以下です

2023Q2結果予想評価
EPS36¢27¢⭕️
売上高$535M$515M⭕️

売上高前年同期比(YoY) +58.3%
初めてYoYが60%以下になりました
徐々に成長率が小さくなってきています

同社の売り上げのほとんどはサブスクです
サブスクリプション売上高: $506.2M
前年同期比: +60% 徐々に減ってはいますが、立派な成長です

フリーキャッシュフローも順調です
$136M  YoY+84% 言うことなしです

サブスク顧客数も順調に伸びています
SaaS企業なのでここが鍵になりますね
新規顧客数は過去最高の1700件超えで
この数字は19,689件となりました。YoYで+59%と減速傾向です

Fortune 100のうちの顧客数は4社増えて69
Fortune 500 のうちの顧客数は4社増えて258
20のTop銀行のうちの顧客数は前期と変わらずです
大口の顧客をしっかりと抱え込んで離していない点は評価です

ARRも伸びています
Annual Recurring Revenueの略ですね
定額収入の年間積み上げです
サブスク企業なので、この数字が非常に重要になります
継続して来年もこれくらいは売り上げが出るだろうと言える指標になりますからね

YoYで+59%です
徐々に数字は減って行っていますが、それでも右肩上がりの綺麗なグラフだなと思います
ARRは$2B を突破したのですが 、この数字は2番目に早い企業だとカンファレンスで発言がありました

NRRも重要な指標です
Net Retention Rateの略でして
同じ顧客が前年と比べてどれくらい課金をしたかを表します
+100%だと去年と全く同じ額を払っている、と見ることができます

なんとまた底からの這い上がりを見せています

要するにお客さんは$CRWDにどんどんお金を注ぎ込んでいるということです
CRWDには色々なモジュールがあるのですが
一つ導入したらまたもう一つ、もう一つといった感じで
どんどん導入して行っているといった様子です
これがサブスク収入の強いところですね

その他受賞としましては
2022年SC Awards U.S.のベストセキュリティカンパニー部門
SCアワードヨーロッパ2022のベストエマージングテクノロジー部門
などなど、好調です

採用も増加していますね。ここは面白い箇所です
現在多くのテック企業が人を絞っている中で
多くの人材を雇っているのは凄いことです


ガイダンスも当たり前のように引き上がりました
2023年度2Qガイダンス

売上高: $569.1M~$575.9M VS 予想$568.6M ⭕️
EPS: 30 ~ 32¢  VS 予想28¢ ⭕️

FY23通期
売上高: $2.223B~$2.232B VS 予想$2.20B ⭕️
EPS: $1.31 ~ 1.33 VS 予想$1.2  ⭕️

最後に、カンファレンスにて以下のような質問がありました
今後の難しい経済状況で顧客は新規技術導入を躊躇っていくのでは
といった趣旨です

それに対する回答としましては
クラウドストライクにお金をかけていくと
会社自体のセキュリティにかかる費用が減る
といったものでした

セキュリティに関する箇所は外出しして
会社には本質的なことに集中してもらうことができるようになる
これは会社にとってプラスになるため、そこを主張して導入を続けてもらう
これがCRWDの目指すところとのことです


しかしこの企業はカンファレンスでそつがないというか
質問に答えていないというか(笑)
良いことで誤魔化してフォローアップ質問を一切許さない姿勢はすごいですね

株価は下落

株価は下落しました
この銘柄は決算後売られることがほとんどです
今回もその例によらず、といった感じでした

地合いが悪すぎることも影響しています

長期で見ると以下でして
グロース銘柄としては耐えている方ですがそれでも-40%超えています

素晴らしいポテンシャルと実績がある会社なのは認めますが
PERが高すぎたので調整が入っている感じは否めません

買い時は当分先

クラウドストライクは本当に素晴らしい企業です
2020年の大相場でも大変儲からせてもらいまして
個人的にも非常に気に入っている銘柄です

またセキュリティの分野は今後もかなり重要視されていくわけで
そのイノベーターであるCRWDは最強の企業といっても過言ではありません

自分自身の仕事に近い部分もあり、本当に本当に好きな企業です


それほどまでに惚れこんでいますが、この企業の株はまだ買いません

先日のジャクソンホール会議でもパウエル議長が早期利下げを否定したため
経済的には不景気間違いない状態です

今は高配当銘柄を除いてほとんど株は持っていません
空売りやベアETFもあまり好きでないため基本的にやりません

一年後くらいにCRWDの購入を考えてみようと思っています
それでも全く遅くないですね

-CRWD, 資産運用, 銘柄分析

Copyright© サラリーマン米国株投資記録 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.