給料公開 資産運用

2022年4月の収支

投稿日:

計算期間は3/26~4/25です
最後に給料でプラスとする計算となっています

先月の収支はこちらから

収入の部

収入    
手取り配当その他収入1その他収入2合計
¥500,000¥13211¥50,000¥1,000¥573,211

手取りは減少、配当は引き続き一万円超えですが減少傾向
その他収入も減っていて厳しい月だったかなと思います

暫くは手取りも少なくなる見通しです
数字で毎月の手取りが理解できているとそれに応じて生活も自ずから引き締まるため
定期点検はとてもおすすめですね

支出の部

支出      
家賃携帯電気ガスネット食費などサブスクその他支出など合計
¥150,000¥2,000¥10,000¥70,000¥10,000¥170,000¥403,000

その他支出は数ヶ月続く見通しのものでして、引き続き高い水準が続いています
それ以外は特に変わりなしです

新年度などあり少し食費が増えていますね。ここも仕方ないかなと思います

電気代は使っている量に比べて明らかに値上がりが影響しているので
それに変わる収入源をどこからか引っ張ってこないといけないですね

合計の部

  
収支収支率
¥170,21130%

収支率は30%ぎりぎりまで下落しました
ここ数ヶ月は多すぎる手取りで見かけ上かなり良く見えていましたが
やはり出ていくところがかなり大きいので、手取りが減るとこんなもんでしょう
もちろん必要な支出がほとんどなので、訳のわからない支出はしっかり減らしていきたいです

収支の推移

以下が2020年4月からの推移となります

記録をつけ始めてからの、生活での黒字が500万円を超えています
あまり実感はないですが、このように数字にして毎月管理していくことの重要性を感じますね

今年の終わりには700~800万円の黒字くらいの額が見えてきそうです
もちろん計画通りには物事行かないので、あくまで予想にすぎません


世界情勢を見てみると依然暗いニュースが多いですね
ロシアによるウクライナ侵攻
上海ロックダウンからの原油価格下落
物価高、インフレ続き
急激な利上げによる株価大暴落

などなど、ベア相場のような言葉がよく聞かれてくるようになりました

本当にそのような状態になるかはまだ誰もわからない状態ですが
仮に大暴落が起きても平静を保てるように、現金もしっかり確保しながら相場に向かっていきたいですね

Sell in Mayが刻々と近づいているので
リスク回避しながらチャートを見ていきたいと思います

test

test

-給料公開, 資産運用

Copyright© サラリーマン米国株投資記録 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.