TLRY 資産運用 銘柄分析

[TLRY] ティルレイ 2022年度第2四半期決算結果 株価は暴騰

投稿日:

ティルレイ、Tilray Incが2022年度第2四半期決算結果を発表していました
同社はカナダの製薬および大麻会社です

2018年にNASDAQ上場した比較的新しい会社ですね
大麻市場は15兆円以上の市場と言われており、実は相当大きいです

カナダではすでに大麻が合法化されており
米国の一部の州でも合法化されています

さらにEU諸国を見ますと、マルタで合法化決定
ドイツやイタリアも合法化に向けて動いているということで
市場の様子としては明るい材料が出てきています

一方で合法化が進んでいるカナダでは
競合他社が多くいたりする点で不安があります
大麻は簡単に栽培できて、容易に流通できると言われている為
圧倒的な差がないと競争でひっくり返される可能性があります

大麻がもし娯楽用や嗜好品として定着したら
MOのように将来的な高配当銘柄になりそうですが
現実はまだまだですね

前回の決算はこちらをご参照に。ダメダメでした

決算内容は売上届かず

結果はこちらからも確認できます

2022Q2結果予想評価
EPS-9¢⭕️
売上高$155.15M$170.50M

売上高前年同期比+20%

売上はダメでしたが大きく利益は伸びました
前年同期は$-89Mの赤字がありましたからね

大麻売り上げは$58.8Mでして、こちらは前年同期比+7%です
他アルコールのSweetWaterが$13.7Mですかね
Manitoba Harvestという食品ブランドの売り上げも$13.8Mとなっています
ここのあたりはいつも通りの割合ですね

大麻でみるとカナダのシェアが圧倒的でして
このポジションは引き続き維持するとのこと
ただ、市場がサチっている(飽和している)ことから
値段への転嫁など行っていった模様です

世界だとドイツが医療大麻を輸入している状況が続いていますね
ドイツはメルケル政権から変わったことで
大麻の合法化が進むことが考えられています
これが進めば新しい個人向け市場をTLRYは手に入れることができますね
EUでの個人用麻薬使用の議論は今後も大いに注目です

一方医療用麻薬ではルクセンブルクでの使用を進めています
ここのまだ各国が使用をどんどん伸ばしていく可能性がありますね

商品系の展開としてはM&Aが主な様子です
以下のビール会社を買収ですね

どちらもカルフォルニアの会社で、西海岸=IPAのイメージ作りに大きく貢献したビール会社です
アメリカ人のIPA好きはこれらの会社から来ていると言っても過言ではないかなと

日本といえばアサヒのようなあっさりのように
米国ではIPAが好まれる図式を作った会社ですね

大麻にこだわらず他の分野でも儲けを獲得していくのは大事ですね
ここが儲かりすぎると分離とかなるのですが、大麻と食品の二刀流がどこまで続くかは見ものです

株価は好反応

株価は反発し、+13%で終わりました

長期で見ますと全然見る影もないのですが
これが大麻バブルの後ということですね
おなじようなハイテクバブルの崩壊が今起こっているように思えます

大麻は規制一本で大きく上がりも下りもする環境なので
あまり積極的に投資はしたくないですね

決算を注意深く観察

さて、次の決算が少しずつ動いてきます

1/13 木曜日 DAL
1/14 金曜日 JPM, WFC

1/18 火曜日 GS
1/19 水曜日 PG, UAL
1/20 水曜日 NFLX

ここのあたりの数字が前哨戦と言ったところでしょうか
航空、銀行の数字が良いとバリュー銘柄の強みがより出てくるような気がします


たとえばDALは前回の決算で原油高による利益警告を出して
それを織り込んで株価は下がりました

新型コロナウイルスオミクロン株の影響も当然あるわけで
今回の数字がどうなるかは大いに注目です

これらの銘柄の伸びが弱い場合は総悲観に突入する恐れもあります
数字をよく見て判断する必要がありそうですね


test

test

-TLRY, 資産運用, 銘柄分析

Copyright© サラリーマン米国株投資記録 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.