ASTR 資産運用 銘柄分析

[HOL][ASTR]AstraのSPAC上場間近に控えて

投稿日:2021-06-22
更新日:

*この記事は古い記事です
 7/1以降の株価の動きと今後の戦略はこちらの記事も参考にしてください



Holicity Inc.(ティッカーシンボルは$HOL)の株主投票が始まりました
株主の承認が得られましたら本会社はAstraと合併し
その後ティッカーシンボルは$ASTR に変更されます

$ASTRに変更されるのは2021年7月1日予定です
後1週間ですね

上場する市場はナスダック(NASDAQ)です
宇宙銘柄のナスダック上場は初めてですね

また宇宙銘柄SPACは今年多く上場するのですが、その先駆けともなります
例はBlackSky, Spire, RocketLabなどです

個人的にはこの出来事は今後の宇宙SPAC上場にも影響を与えるかもしれない考えているので
少し注目しております

有象無象の民間宇宙企業の一つ

Astraは民間宇宙開発会社の一つです

安価な小型衛星を数多く打ち上げ
それらを群として運用していき
地上への高速通信の提供などを企画している会社です


ロケットについては特に目新しい技術を使わず
Fordのように大量生産をしていき
とにかく安価に打ち上げてデータを提供していくことを目指しています


なので、ロケット屋さんというよりも
ソフトウェア屋さんの方が近いのかなと個人的には思っています

実際にこちらのインタビューでもソフトウェアの会社を作りたかったと言っていました
(このインタビューは彼の人柄がわかる非常に重要なものです。
 理論的に3Dプリンティングをディスっていたりします)


なので
宇宙を舞台にした銘柄の中では地味な方の会社かなと思います

別な言い方をすれば硬いビジネスを目指している会社です
↑のインタビューでもとにかくコストについて語っていました

一発当てて大逆転、もしくはサヨナラが多い宇宙ベンチャーでは異色かもしれません


今年の夏に市販の商業衛星納品開始となっており
ここのあたりを達成できるかは一つのポイントですね


CEOはChris Kempです

NASAでの最高技術責任者だった人です
もともとComputer Scienceを専攻しており、NASAではIT分野でのCTOでした

技術屋としては当然優秀だと思いますが
CEOとしての手腕はどうなのか、期待ですね


他、元Appleの技術者などもコア技術者として招聘しています

なんというか、やはりソフトウェア屋さんに近い企業でしょうかね


上場先も技術的な企業が多いNASDAQなのもこのような背景があるからかもしれません
(新興企業はこちらの方が良いというだけかもしれませんが)

株価がどう変わるか

過去1ヶ月の株価推移は以下でした

5月はSPACが叩き売られてほぼ$10でしたね
6/8はバージンギャラクティック($SPCE)のテスト成功の煽りを受けて上昇しています
6/18の上昇は株主投票開始によるものです

$ASTRにティッカーシンボルが変更されると
SPAC特有の$10下値がなくなるため
上にも下にも大きく触れることになります

なので合併前から株を握る場合は
この銘柄が合併後に上がるのか下がるのかを見極めなくてはいけません

$10より上になると信じる場合は
丁度今くらいのタイミングから仕込んでおくのが良いのかなと考えます


他のSPAC銘柄にも注目してみましょう

$DKNG

ドラフトキングス は合併後一度も$10を下回ることなく株価が推移しました
わりと合併前から$10を上回っていたので当時の期待の凄さがよくわかります
$10で握っていた場合今は5倍の株価ですね

$LAZR


ルミナーテクノロジーは12/3に合併しました
上場から1日後には株価が一気に2倍になっていたりします

$SKLZ

スキルズは2020/12/16に合併しました
その後一時的に大きく跳ねて株価は下落しています


このようにうまくいったSPAC上場銘柄は一時的に利鞘を取れる可能性がありますね

当然上手くいかなければ株価は急転降下なのですが

そこはSPACならではのギャンブル性が高いと感じています


特に宇宙銘柄はテーマ性が高いだけに以下のニュースで値動きが大きく上下すると思います
-打ち上げ実験の成功・失敗
-商用製品の予定通り納入成功・失敗(Astraは2021年8月に納入予定
-他競合他社の受注状況
-他競合他社のIPO

これらを考えると
値が下がったところでじっと待ち構えておくのがよいのですが

果たしてどこまでナンピンができるかは個人の事情にも大きくよりますね
ある日急に企業が無価値になる可能性もあるためナンピンは推奨できないです

悪い例は$RIDEでしょうか

他SPAC銘柄の上場後株価推移の基準に

宇宙SPACは他$SFTW, $NSH, $VACQなどが今年上場予定です
もしこの$HOLが上手く合併して市場参加者に受け入れられるようになると
他のSPAC上場銘柄も同じような動きをすることが考えられます

なので、$HOLが$ASTRになった場合株価が上がるのか・下がるのか
上がる場合はどれくらい上がるのか
下がる場合はどれくらい下がるのか
などを注視しておく必要があります


後はETFの組込なるのかも要注意です

例えばキャシーウッド率いる宇宙ETFであるARKXに組み込まれるかどうかは
この銘柄を考える上で大事な指標かと思います

現在$ARKXはわりとしょぼい(宇宙に関係ない)銘柄が多く
宣伝的な意味が強いETFですが
これに組み込まれますと
キャシーのお墨付きを得た銘柄として信用できるようになると考えます

現在の構成銘柄は小松製作所やAmazonなどです。
$SPCEも入っていません

後は$UFOも宇宙銘柄で有名です

ここのあたりに組み込まれるとすればDE-SPAC(ティッカー変更)した後なので
どのように値動きするかは注目したいと思います


まずは7/1、楽しみにしておきたいですね


なお、$HOL($ASTR)はSBI証券で購入可能です
口座開設は以下からも可能です

SBI証券で 口座開設


created by Rinker
¥1,628 (2021/10/25 12:25:50時点 楽天市場調べ-詳細)

test

test

-ASTR, 資産運用, 銘柄分析

Copyright© サラリーマン米国株投資記録 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.