資産運用 銘柄分析

[HDV] 減配を受けて高配当銘柄の買い時を考える

投稿日:

HDVは米国上場銘柄のうち、高配当かつ財務状態も良い銘柄のみで構成されています

配当が発表・振り込まれる月は3,6,9,12月です

2021年6月は減配だった3月に続く二期連続の減配でした

なかなかショッキングな結果だったので一度状態を見直してみましょう

直近の配当額から利回りを考える

直近の配当は以下です

6月は$1あたり81¢ですね


コロナより前の2019年と同じ水準に戻ってしまいました

現在の株価は$96.04なので
配当利回りは 0.81*4*100/96.04 = 3.37%です

高配当銘柄としては少し物寂しい水準ですね

普通高配当銘柄は株価が上がると配当も上げて
配当利回りを高めにキープしようとするので

まさか下がるとは、、といったところが正直な感想です

1ヶ月では3.5%の下落

株価はここ1ヶ月で下落トレンドです

一度跳ねてますが、直近はまた下落になりそうな勢いですね

期間を6ヶ月にしてみますと以下です

直近の跳ねでも下値もそうですが、下値抵抗線が強く存在していますね
大体$93~94のあたりが抵抗線です

もし株価がここを割り込んでしまうと一気に値が崩れていく可能性が出てきます


最近の値$95ですとそこに近づいているので

直近で買いポジションをとってもそれより値段が下がることがありそうです
なのでチャート的にはしばらくは買わない方がいいですね

構成銘柄はJPM, MOが脱退

HDVは3ヶ月に一回構成銘柄の変更を行います

これも3,6,9,12月なのですが今年6月にも行われています


今の構成銘柄はこちらを参考に。以下のようになります

ティッカー銘柄名業種保有比率(%)
XOMEXXON MOBIL CORPエネルギー9.44
JNJJOHNSON & JOHNSONヘルスケア6.93
VZVERIZON COMMUNICATIONS INC通信6.46
CVXCHEVRON CORPエネルギー6.43
PGPROCTER & GAMBLE生活必需品5.32
PMPHILIP MORRIS INTERNATIONAL INC生活必需品4.86
MRKMERCK & CO INCヘルスケア4.26
KOCOCA-COLA生活必需品4.03
CSCOCISCO SYSTEMS INC情報技術3.88
AVGOBROADCOM INC情報技術3.7

こちらの記事では6/16で以下の構成だったと書いています

XOM 8.83%
JPM 6.76%
JNJ 6.57%
VZ 6.22%
CVX 5.74%

JPMが抜けていますね。あと、6月前半ではMOが入っていたのですが
こちらも抜けてPMが入っています。タバコ銘柄の入れ替えですね

JPMが抜けて金融セクターがなくなってしまい
ETFとしては少し安定性が減ったかなと思います

というか3ヶ月しか存在しなかったのは結構珍しいですね

夏に崩れたら買い増し

これらをみてみると
配当利回りが去年比低め
チャートは下値抵抗線近くで不安
構成銘柄のセクターがすこし偏り

といった状態です

なので、今買い増しはしない予定です


一方で夏に相場が崩れた場合、一気に株価も下がることが考えられるので
そうしたら買い増しのチャンスとして入るかもしれません


株価は引き続きチェックしておこうと思います

test

test

-資産運用, 銘柄分析

Copyright© サラリーマン米国株投資記録 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.