LEVI 資産運用 銘柄分析

[LEVI] リーヴァイ・ストラウス 2022年度第2四半期決算良し 魔の7月決算開始

投稿日:

Levi Strauss, リーヴァイ・ストラウス(ティッカーシンボル $LEVI )が
2022年7月7日に第2四半期決算を発表していました

同社は上記のブランドマークで知られている、ジーンズメーカーの老舗です

長く一族経営をしてきた会社でもあり
現在も創業者の子孫が発行株式の75%ほどを持っているとの噂です

他の会社とは違い、ちょっとクセのある会社なので
株価の動きも少し特殊です。投資家からはあまり良く思われていない会社かなと思います

前回の決算はこちらから。数字自体はよかったですね

決算内容は全て良し

結果はこちらからも確認できます

2022Q2結果予想評価
EPS29¢23¢⭕️
売上高$1.47B$1.43B⭕️

売上高前年同期比 +15% 前年同期比は悪くないです
DTC(Direct to Customer)、消費者直接取引は16%は伸びています
ここが伸びると確実に利益につながるので非常に重要です
全体の売り上げのうち30%がDTCです
e-コマースでの売上は全体の7%となっています。前年同期は+3%です

ロシアウクライナ問題での損失は$6000万でした

地域で見ますと
・Americas +17%
・Europe +3%
・Asia +16%
・Other Brands +56%
です

Americasが売上の半分を占めていますので
ここでのYoYの伸びが非常に大事です。
去年に引き続き直営店の売上が大きく全体に貢献しました


Other Brandsは DockersやBeyond Yogaですね
Beyond Yogaは去年買収したばっかりでして
去年の決算には計上されていなかったため一時的にYoYが大きく出ています


通年ガイダンスは変わらずです
EPS: $1.50~ 1.56 VS 予想$1.55
売上高: $6.4 ~ 6.5B VS 予想$6.43B

露骨に悪くなっているわけではないので一安心ですね

株価はアフターで上昇しその後売られた

株価はこれを受けてアフターで上昇したのちサラ場で売られました

少し長期で見てもあまり良い状態とは言えず入りにくいですね
今特に買う理由はないと思います

いよいよ魔のQ2決算発表

魔のQ2決算が開始です
あのマイクロソフトが利益警告しているのでテック企業にとっては相当厳しいものになるかもしれないと考えます
一方でエネルギー企業、小売企業の決算も非常に気になります

7/11 にはペプシコ($PEP)が決算発表です
小売業、ディフェンシブの代表格なので注視です

7/13には以下の企業が決算を行います
航空
 デルタ航空($DAL)

デルタ航空は米国内ではだいぶ乗客は戻っています
国際線もだいぶ回復はしてきています
一方で原油価格も高騰しており利益がどれだけ出るかが注目です

7/14は以下です
金融
 モルガン・スタンレー($MS)
 ジェイピー・モルガン・チェース($JPM)

金融系は、これだけの米国債10年長期金利が高い状況で
どのような見立てを出すのかに注目ですね

7/15も金融系が多いです
金融
 ウェルズ・ファーゴ($WFC)
 ブラックロック($BLK)
 シティグループ($C)
ヘルスケア
 ユナイテッドヘルス・グループ($UNH)
 
金融系、特に投資銀行系もレイオフを多くしており
どういった決算を出してくるのかは非常に注目です

みんな決算がこけ続けると株価は連れ安になってくる可能性があります
そうなると不景気が近づいているという実感がますます増してくるでしょう
また7/15にはCPIの発表もありますので
そこまで大きく動くのは避けましょう


じっくり様子をみて、動き出す準備です
買いが近づいてきていると感じます

test

test

-LEVI, 資産運用, 銘柄分析

Copyright© サラリーマン米国株投資記録 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.