RIDE SPIR WISH 資産運用 銘柄分析

タックスロスセリングはいつ行われるかと1月効果について

投稿日:2021-12-20
更新日:

最近ネットではタイトルのような言葉が飛び交っています

タックスロスセリング
そして1月効果ですね

短期的なトレードをする方は12月末から年始しばらくにかけての時期は
まさに狙いどころの季節でしょうか

個人的には上記での利鞘を狙う短期的なトレードは苦手なため
今年も積極的にやらない予定ですが

去年の例を見ながら今年はどのような銘柄が良いか考えてみます

今年はハイパーグロース銘柄の死と述べられる状態なので
かなり多くの銘柄にチャンスはあるかなと思っています

タックスロスセリングとは

Tax Loss Selling ですね
税金をなくす売り、ということで
減税のために行う振る舞いです

確定申告の期間は日本米国とも1~12月なので
この12月までに確定させた利益に対してそのまま税金がかかってきます

日本では(上げると言われていますが)確定益の20%に税金が発生しますね
源泉徴収ありの特定口座で運用されている方は実感があまりないかもしれませんが
米国だとみんな確定申告しないといけないため
結構ここのあたりはシビアに考えている人が多いです

さて、12月までに利益が出たということは
買った株が値上がりして売れたことになりますが
当然、買った株全てが上手く儲かっているわけではないです
一部の株は含み損になっていることも多いのが実態です

それらの含み損になっている銘柄に対して
見切りをつけて損切りをする行為を
タックスロスセリングと言います

年内にそれらを処分して気分スッキリするとともに
確定している利益は上記の含み損確定により減ることになります
減った確定利益を持って最終的に確定申告をするため
収める税金が減る、、これがタックスロスセリングですね

時期は12月中旬くらいがピーク
対象は今年良いところなかった(特に若い)銘柄
といった特徴があります

要するに12月のクソ株処分祭りですね

税金的には年内までに処分すれば良いのですが
12月終わりの方はクリスマスシーズンで出来高が薄くなり
あまり株のことも見向いてられないことが多いらしく
12月頭〜中旬で終わると言われています



今年は11月くらいからハイパーグロース銘柄が全滅したため
ある意味そこのあたりは全て対象になってそうです

例えば(クソ株とは言えないけど)$DUOLもその一角でしょうか
今年の最高値から53%の下落です

クソ株代表としては
みんな大好き$WISHが一年で90%の下落

$RIDEも怒涛の売りで-86%

宇宙銘柄だと$SPIRが-80%

$BKSYもちょうどヤラレにヤラれている真っ最中です


これらを処分して利益と損失を相殺して
少し税金を軽くしようとの目論見があるわけですね

1月効果

January Effects ですね

このタックスロスセリングに関連していうならば
上記銘柄のデッドキャットバウンス(Dead Cat Bounce)というイメージです

実際の一月効果は、1月は株高になりやすいということらしいですがね、、


さて、デッドキャットバウンス
死んだ猫を叩きつけると一度床から跳ね返って上がることから
相場で暴落が起きたあと一時的に株価が上がる現象

のことですね

12月のタックスロスセリングで上記のような銘柄は売られに売られているので
その後、反動で少しだけ株価が上がることをイメージすれば良いと思います

これを狙う上で気をつけないといけないのは
上がったら早めに売らないといけない

というところですね

タックスロスセリングに巻き込まれている時点で
それらの銘柄は、終わっている銘柄なので
愛着を持って抱いているわけにはいかないということです


で、この早めの処分がまた難しいんですよね、、、

上がると、もう少し上がるのではと思っちゃいますし
打った後にまた上がると少し悲しくなりますし

個人投資家にとってはなかなか悩ましい日々が続くことになります

スパッと売って見向きもしない
これが正解なのですが、できる投資家はそう多くないのではと思います



なので、個人的にはほぼやらない予定の投資作戦です

ただ頭に入れておくと小型銘柄の上昇についていけるようになりますので
その点は良いですかね

11/17金曜日にIWMがあがりVOOが下落しているのはそれが理由です

IWMはプラスで引けましたが

VOOはマイナスで引けました

また一部銘柄はもうそれっぽい動きが感じられます
あるいは新型コロナ蔓延再びといった動きのようにも見えますが

$ZM $PTON のようなリモート銘柄は
金曜に急激に買われています


下がり相場は続く

全体的には
オミクロン株の蔓延
ロンドンでは重大自体宣言
米国でも出社を取りやめるよう要請など

しばらく下げ相場が続きそうです

これを一時的とみて経済再開にかけるか
しばらく経済封鎖再びとみてリモート銘柄にかけるか

難しい局面は続きますが、それも含めて積立は引き続き行っていくのが良いですかね



created by Rinker
¥1,540 (2022/01/22 00:42:18時点 楽天市場調べ-詳細)

test

test

-RIDE, SPIR, WISH, 資産運用, 銘柄分析

Copyright© サラリーマン米国株投資記録 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.