TSLA 資産運用 銘柄分析

[TSLA] テスラ2021年度第2四半期決算結果良し ついに本業で稼げるように

投稿日:2021-07-27
更新日:

Tesla, Inc. テスラが2021年度第2四半期決算結果を発表していました
前回の2021年度第1四半期決算結果の記事はこちらから確認できます

ティッカーシンボルは$TSLA で皆知っている電気自動車専門会社です

元CEOのイーロン・マスクも発言がお騒がせだったり
労働者の権利など問題も抱えていますが

それはある意味大きな企業の宿命なのかもしれません
(大企業とは敢えて言いませんが)

決算結果は良し

決算結果は問題なしでした
詳細はこちらから見られます

EPS: $1.45 VS 予想 96¢   ⭕️
売上高:   $11.96 VS 予想 $11.21B ⭕️
売上高YoY: +98.1%
納車台数YoY: 201,250台 +121%

良い数字ですね

なんといっても素晴らしいのは以下のニュースです
 -排出権取引の利益が$1Bと過去最小
-ビットコイン売却益なし
-粗利率30%近く
つまり本業の自動車生産・販売で稼げるようになってきたことです
半導体不足の中車を生産し、営業し、販売する能力がしっかりしています
Goodですね


EPSは順調に伸び続けています
数年は年平均50%の納車台数増加を見込んでいます
ベルリンやテキサス新工場建設進捗も良しで予定通り年内生産・納車が開始できる見込みです

株価はまだわからず


株価は決算発表後に一時的に跳ねた後
下がって結果として変わらずといった形になっています

Teslaは毎月納車台数も出していますので
大きなポジティブサプライズではなかったと思います

少し出来高が小さかったのが懸念ですね

株はホールドし今後も期待

本業で稼げてきたので
この企業に対する見方というのは大きく変わってきました

今までは排出権取引やビットコイン売却益とかで稼いできた企業ですが
ここにきて、自動車の販売で稼げてきています

個人的には、引き続きホールドをしていこうと思います


もちろん最大の顧客である中国ではネガティブキャンペーンが続いていますが
とりあえず今回の決算では問題なかったことがわかりました
こういったニュースは悪い点ばかり強調されてしまうので
決算で実際の数字(納車台数)を追っていくことが大事ですね


また半導体不足のニュースに関しては他の自動車メーカーの決算
例えばFord($F)の決算も追って状況を掴んでいく必要があります

特に$Fは電動ピックアップという電気自動車メーカーの本丸を背負っています
テスラもサイバートラックを発表していますが
ここのあたりのシェアの奪い合いも注目です

個人的にはサイバートラックよりもFordの電動F-150の方が魅力的だと思いますが
市場の奪い合いもしっかり見ていきたいですね

Fordのピックアップトラックも素晴らしくカッコいいです
後はカタログ通りのスペックが出るか、、ですが

test

test

-TSLA, 資産運用, 銘柄分析

Copyright© サラリーマン米国株投資記録 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.