CRM 資産運用 銘柄分析

[CRM] Salesforce 2022年度第2四半期決算結果良し Slackに期待

投稿日:2021-08-27
更新日:



Salesforce (セールスフォース、ティッカーシンボルは$CRM)が2022年度第2四半期決算を発表していました
Salesforceは営業管理システムをSaaSで提供しており、本フィールドで最大勢力となっております


第1四半期の決算結果はこちらです
今回の結果も非常に良い結果でしたね
今後の展望もポジティブが続きそうです 。CRMの分野では完全な絶対王者となっています

結果は良し

詳細はこちらから楽しく見られます
遊び心くすぐる絵面は大事ですね

2022Q2結果予想評価
EPS$1.48$0.92⭕️
売上高$6.34B$6.24B⭕️


売上 YoY(前年同期比) +23%。
毎年20%以上の成長で文句なし

Subscription: $5.91B(+22%)
内訳は以下です。全て順調に成長していることがよくわかります



ガイダンスでも22年度の引き上げを毎回行なっています
いやーすごい企業です

第3四半期ガイダンス
EPS:$0.91~0.92 VS $0.81 ⭕️
売上高:$6.78~6.79B VS $6.66B ⭕️

FY22 ガイダンス
EPS:$4.36~4.38 VS $3.82 ⭕️
売上高:$26.2~26.3B VS $26.0B ⭕️

四半期ごとの重要数字の移り変わりは以下がわかりやすいです

Revenue(売上高)は右肩上がりで問題ないです
どこまで伸びるんですかね、この企業は

あと、Slack($WORK)の買収は完了とのことです
$CRMは買収した企業をしっかり成長させられている企業ですが
このコラボレーションがどう働くかは引き続き期待です

株価は上昇

株価はこれを受けて上昇しています
過去の2020年8月末の最高値を試す展開になっています


これを超えられるとかなり面白い展開になるのですが、どうでしょうかね
去年は9月の暴落で一気にやられちゃいました
今年の9月もピリピリした空気が流れる可能性が高いです

買収競争の果てに

Slackの買収が終わり、次の決算から数字に乗ってくるかなと考えます

Slack自体は年$300Mほどの赤字を出していましたが
それをSalesforceが持つことでどうなるかはよく見ておく必要があります

Salseforceもよく買収をする企業なのですが
例えばTableauは買収して上手に回っている例かなと思います

Slackもこのように動けるのか注目です


また、ドイツのServicetraceという企業も買収が最近発表されていました
同社はかなり老舗のRPA企業です
これにより、$CRMもRPAの世界に身を投じたことになります

RPAといえば
Microsoft PowerAutomate
UIPath
などが有名ですが、そこに名を連ねていく意思表示ですね


あとはあまり話題になっていませんが
Vlocity, ClickSoftware なども買収しています
札束で頬を叩く展開が続いていますね
今のところはうまく回っているので大した企業だなとつくづく思います

タイミング次第で買い

これほど良い決算を出し続けられる企業は極めて稀です
その意味で、買いたいと感じています

あとはタイミングですね、、9月10月が少し嫌な予感がするので
少し先のマーケットの展望が見えてからにしたいと考えています

よくわからず飛び込んで損するよりかは
潮流を見極めて得をせず、タイミングで出勤ですね

test

test

-CRM, 資産運用, 銘柄分析

Copyright© サラリーマン米国株投資記録 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.